3D-X線ステレオ方式 X線観察装置 FX-400tRX

密閉型X線装置でありながら高解像度2μmを達成

概 要

■高解像度2μm、幾何学倍率500倍によって、鮮明なX線画像の取得が可能です。
■従来であれば、高価な開放型X線管を用いるような試料に対しで同等な画像品質を得られます。
■ICワイヤーボンディングの接続部、銅ワイヤーについても検査可能です。
 また、プリント基板の内部のスルーホールなども観察可能です。
■高出力llOkV、200μAによって、3mm厚の銅板などの透過も可能になりました。

特 徴

① l lOkV、200μAの高出力X線源により銅板(3mm)なども透過
② 高解像度2μmの画像分解能により微細な部分の画像取得
③ 幾何学倍率500倍によって高倍率撮影
④ X線ステレオ方式1こよって実装基板の表面、裏面の分離(約4秒)
⑤ X線ステレオCT方式1こよって実装基板の水平断面300層を取得(約50秒)
⑥ CT機能を用いた自動検査(OK/NG判定)
⑦ 2次元コードを用いてのトレーサビリティ対応

高解像度2μmの画像及び、プリント基板のスルーホールのクラック画像

fx_400tRX撮影画像01

簡単操作でCT機能のフル活用

fx_400tRX撮影画像02

P-CT(ななめCT)、V-CT(垂直CT)で3D検査

fx_400tRX撮影画像03
地図アイコン
株式会社 アイビット I-Bit Co., Ltd.
〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸3丁目2番1号 KSP東棟6F
TEL:044-829-0067  FAX:044-829-1055